【暦予報】「師走の星月暦」をアップしました

新月からはじまる暦月の

月の満ち欠け・二十四節気・気になる天文現象など、

ポイントだけをまとめたシンプルな暦予報をお届けします。

日々の暮らしにお役立て下さい。


【師走の星月暦】1月17日(水)~2月15日(木)

01月17日(水)新月 11:17

01月20日(土)大寒

01月25日(木)上弦 07:20

01月31日(水)満月 22:27(宵から深夜にかけて皆既月食が起こる、ブルームーン)

02月04日(日)立春

02月08日(木)下弦 00:54


新暦(西暦)では、とっくに新年を迎えましたが、

旧暦ではこれから師走です。


旧暦を意識して暮らす醍醐味は、

時間の流れがゆったりとして感じられること。

社会的(実用的)な時間軸のほかにもう一つ、

情緒的な時間軸が自分の中に生まれ、

心に余裕が持てるように思います。


ちなみに、

今年は旧暦12月19日に立春がめぐってきて、

年末に春が始まる「年内立春」となります。


さて、今月の注目は、1月31日の満月です。

宵から深夜にかけて、日本全国で皆既月食が見られます!

月食の進行スケジュールは次の通りです。

・部分食の始まり:1月31日 20時28分
・皆既食の始まり:1月31日 21時51分
・皆既食の終わり:1月31日 23時8分
・部分食の終わり:2月1日 0時12分


満月なのに欠けているように見えたり、暗く見えたりと、

いつもとは違う月の姿を見ることができますよ。


さらに!

今月2度目の満月にあたり、俗にいう「ブルームーン」です。

「見ると幸せになれる」という言い伝えもあるので、これは見逃せませんね。


1月31日は、防寒対策をしっかりとして、夜空を見上げてみてください。

景山えりか kageyamaerika.com

星空を楽しむ暮らしを幅広くご提案しています