【暦予報】「葉月の星月暦」をアップしました

新月からはじまる暦月の

月の満ち欠け・二十四節気・気になる天文現象など、

ポイントだけをまとめたシンプルな暦予報をお届けします。

日々の暮らしにお役立て下さい。


【葉月の星月暦】9月20日(水)~10月19日(木)

09月20日(水)新月 14:30

09月23日(土)秋分

09月28日(木)上弦 11:54

10月04日(水)中秋の名月

10月06日(金)満月 03:40

10月08日(日)寒露

10月12日(木)下弦 21:25


「葉月」の文字から連想するのは、

陽射しを受けてキラキラと輝いている葉っぱでしょうか……。

葉月は8月(正確には旧暦8月)なので、

「葉月=夏」とイメージする人が多いかもしれませんね。

けれど、葉月とは、葉が落ちる月を意味する「葉落月(はおちづき)」が転じたもの。

そう、季節は「秋」なのです。

また、旧暦8月の別名には、

・秋風月(あきかぜのつき)
・濃染月、木染月(こぞめづき)
・紅染月(こうぞめづき)
・月見月(つきみづき)
・燕去月(つばめさりづき)

などがあります。

どの名称にも、秋の深まりを感じますね。

旧暦の季節区分において、

葉月は秋のど真ん中。

旧暦8月15日の夜に見るお月様は、「中秋の名月」です。

今年の場合は、10月4日(水)にあたります。

満月は10月6日(金)なので、少し欠けた状態で東の空に昇ってきます。


名月は、夜中に日付が変わっても、

名月であることに変わりはありません。

月の出から月の入りまで、年に一度のお月見を夜通し楽しんでください。

景山えりか kageyamaerika.com

星空を楽しむ暮らしを幅広くご提案しています