【暦予報】「神無月の星月暦」をアップしました

新月からはじまる暦月の

月の満ち欠け・二十四節気・気になる天文現象など、

ポイントだけをまとめたシンプルな暦予報をお届けします。

日々の暮らしにお役立て下さい。

【神無月の星月暦】10月31日(月)~11月28日(月)

10月31日(月)新月 02:38

11月07日(月)立冬

11月08日(火)上弦 04:51

11月14日(月)スーパームーン 20:21、満月 22:52

11月21日(月)下弦 17:33

11月22日(火)小雪


今月の注目は、

11月14日(月)の満月です。

地球にもっとも接近したタイミングで満月になるので、

「スーパームーン」になります!


厳密にいいますと、

月が地球に最接近するのは14日の20時21分。

その後、22時52分に満月(スーパームーン)になります。


月と地球の平均距離は約38万kmですが、

この日は35万6509kmまで距離が縮まります。


ここまで距離が縮まるのは、

1948年1月26日の35万6461km以来で

なんと68年ぶりなのです!


つまり、今年のスーパームーンは、

スーパームーン中のスーパームーン。

名づけるとするなら

「ウルトラスーパームーン」という感じです。


ちなみに、次回、

月と地球がここまで近くなるのは2034年11月26日。

18年先になります。


というわけで、今月の満月は見逃せません!


迫力満点の大きなお月様。

ぜひご覧くださいね。


当夜、みなさんの頭上に広がる空が晴れ渡り、

美しい月光が降りそそぎますように☆

景山えりか kageyamaerika.com

星空を楽しむ暮らしを幅広くご提案しています