【暦予報】「葉月の星月暦」をアップしました

新月からはじまる暦月の

月の満ち欠け・二十四節気・気になる天文現象など、

ポイントだけをまとめたシンプルな暦予報をお届けします。

日々の暮らしにお役立て下さい。

【葉月の星月暦】09月01日(木)~09月30日(金)

09月01日(木)新月 18:03

09月07日(水)白露

09月09日(金)上弦 20:49

09月15日(木)中秋の名月

09月17日(土)満月 04:05

09月22日(木)秋分

09月23日(金)下弦 18:56


旧暦では、

毎月第1日目(ついたち)が必ず新月という決まりがあります。


一方、新暦では

毎月第1日目(ついたち)が新月になることは

めったにありません。


それが!


今月は、旧暦8月1日と新暦9月1日が重なります。

旧暦と新暦がシンクロします。

カレンダーの新しい月(暦月)が

新月からはじまるのは、なんだか気持ちのいいものです。


さらに!


この新月は、アフリカ方面で「金環日食」になります。

残念ながら日本からは見られませんが、

太陽・月・地球の順番で3天体が一直線に並ぶという

特別な瞬間がおとずれることを忘れないようにしたいですね。


さて、月半ばには

一年のうちでもっとも美しいとされている

「中秋の名月」もあります。


今年は、名月と満月は重ならないので、

ほんの少し欠けた状態の名月です。

ちなみに、満月の日は「立待月」となり、半影月食が起こります。


まとめますと、

今月は、旧暦と新暦のシンクロから始まって、

その同日に金環日食、

月半ばには名月、

満月は半影月食と、

月に大注目の1ヵ月です。


空気もずいぶんと秋めいてきました。

「葉月」は仲秋。

月が美しい秋を、どうぞお楽しみください。

景山えりか kageyamaerika.com

星空を楽しむ暮らしを幅広くご提案しています